ハム移籍の金子 願ったりの起用プランで高まるメジャー熱

公開日:  更新日:

「ルーキーの気持ちをもって、北海道のために一生懸命がんばりたい」

 去る10日、オリックスを自由契約となり、日本ハムへ移籍する金子千尋(35)が札幌市内のホテルで入団会見を行った。来季から登録名を「金子弌大」に変更し、背番号はオリックス時代と同じ「19」に決定。今季6億円だった年俸は、1.5億円プラス出来高の1年契約と大幅に減ったが、オリックスの提示が1億円だったことを考えれば御の字だろう。

 2014年に沢村賞を獲得した細身の右腕は今季、17試合登板で4勝7敗、防御率3.87にとどまったものの、まだまだやれるとの声は少なくない。

「札幌ドームのマウンドは比較的、硬くて傾斜がある。京セラドームと形状が似ており、違和感なくやれるのではないか」とは、日本ハムOBだ。

 役割については金子本人がオリックスに要望していたように、「先発にこだわりはない」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る