貴乃花“広告価値ナシ”で窮地…太いタニマチまで逃げ出した

公開日: 更新日:

 金の切れ目が縁の切れ目。平成の大横綱も例外ではないようだ。

 相撲協会を退職し、景子夫人とも離婚した貴乃花(46)。それでも支援してくれる後援者はいるものの、最も信頼していた太いタニマチのひとりが逃げ出したというのだ。

 あるタニマチ筋は「以前から貴乃花が懇意にしていた実業家A氏です」と、こう続ける。

「カネも物も支援しており、地方場所の際は貴乃花部屋の宿舎の面倒も見ていたほどです。貴乃花もこの人物に傾倒すること甚だしく、ブレーンのような存在だった。相撲協会を退職する前、執行部と対立していたときも、マスコミを使って盛大に援護射撃をしていた。貴乃花にとっては、心の支えでもあった」

 しかし、貴乃花が退職し、離婚も発表すると、2人の蜜月関係にヒビが入った。A氏はかねて貴乃花に「退職だけはするな。親方を続けるべきだ」と忠告をしていた。それが今年9月場所直後に、突然退職会見。アドバイスをムゲにされた後援者はサジを投げ……という事情もあるだろうが、実際はもっと生臭い話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る