「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

公開日:

 第2、第3の貴ノ岩(28)が出ないと、誰が言えようか。

 自身の付け人を殴るなどし、7日に引退会見を行った貴ノ岩。昨年の日馬富士暴行事件では「先輩に対する態度が気にくわない」という理由で殴られた。それが自分も同じ理由で暴力を振るってしまったのだから、皮肉というか呆れるほかない。

 しかし、貴ノ岩の引退で騒動に終止符がついたかといえば、そうはいきそうもない。

 19日に「付け人に関する特別研修」を行うなど暴力根絶に追われる相撲協会だが、何より千賀ノ浦部屋にはまだ、貴ノ岩を除いて旧貴乃花部屋の力士が7人も残っている。もともと千賀ノ浦部屋に在籍していた力士8人との間に、対立構図が生じる可能性があるのだ。

■旧貴乃花勢と千賀ノ浦部屋勢の格差

 番付では旧貴乃花部屋勢が圧倒的に上だ。11月場所で優勝を果たした小結貴景勝(22)は関脇昇進が確実。十両には貴源治(21)がいる。前頭の貴ノ岩が引退しても、関取は2人いるのだ。一方、千賀ノ浦部屋勢は唯一の幕内力士だった前頭の隆の勝(24)が11月場所で4勝11敗と大きく負け越し、来場所は十両転落が避けられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る