バド女子複で2大会連続銀も タカマツ組の敵は国内にいる

公開日: 更新日:

 リオ五輪金メダリストがライバルに屈した。

 27日のバドミントン女子ダブルス決勝で世界ランキング2位の高橋礼華(28)、松友美佐紀(26)組が、同3位の陳清晨、賈一凡組(中国)に0―2で敗れ、2大会連続の銀メダルとなった。

 高橋、松友組は第1セット終盤にゲームポイントを得ながら、相手の強打に押され、先取を許す。第2ゲームも競り合いに持ち込みながらも、わずかに及ばなかった。

 表彰台にすら立てなかった世界選手権での雪辱は果たしたものの、東京五輪での連覇を目指す「タカマツペア」の前途は極めて多難である。世界の頂点に立つには、まずは国内で勝ち上がらなければならないからだ。

 日本は世界でも有数の女子ダブルス大国だ。世界選手権は昨年の福島、広田組(世界1位)、今年の永原、松本組(同9位)と2大会連続で日本勢が制覇。世界ランキング上位15位以内に、高橋、松友組も含めて6組が名を連ねている。日本代表の選考を兼ねた12月の全日本総合選手権を勝ち抜かなければ、国際大会の舞台には立てないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る