6億5000万円更改のG菅野 メジャー今オフ挑戦ならいくら?

公開日:  更新日:

 ゴジラを抜き、大魔神に並んだ。

 17日、2年連続で沢村賞に輝いた巨人の菅野智之(29)が東京都内の球団事務所で契約交渉に臨み、2億円増となる年俸6億5000万円でサイン。2004、05年の佐々木主浩(横浜)に並ぶ日本選手の歴代最高、02年の松井秀喜を4000万円上回る巨人最高額に、「すごくいい評価をしてもらった」と満面の笑みを見せた。

 今季は15勝8敗、防御率2.14、200奪三振で投手3冠。日本球界最高額にふさわしい成績ではあったが、世界を見れば上には上がいる。

 メジャーリーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏が言う。

「18年度のメジャー最高年俸はエンゼルスのマーク・トラウトの3300万ドル(約36億3000万円)です。メジャーの平均年俸が約5億円ですから、菅野の6億5000万円は米国に行けば『中の上』ということになります。仮に菅野が今オフに海を渡れば、最低でも年俸25億円の6年契約、つまり総額150億円前後の大型契約が提示されるはずです。6億5000万円は大変な金額ではありますが、市場規模が1800億円程度といわれる日本球界では限度額に近い。来年以降、どんなに好成績を残しても年俸は10億円が限界でしょう。一方、放映権がケタ違いのメジャーの市場規模は1兆円超。1球団の選手の年俸総額の平均は153億円です。メジャー志向のある菅野に巨人が今後、いくらお金を積んでも、金銭面では流出に歯止めをかけるのは難しいということです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る