日本に敵なしも海外遠のく…菅野に原巨人が「3年18億円」

公開日: 更新日:

 巨人のエースはやはり、伯父さんと一心同体のようだ。

 29日に史上5人目となる2年連続「沢村賞」に選ばれた巨人・菅野智之(29)のことだ。今季は15勝8敗、防御率2.14、200奪三振でセ・リーグ投手3冠。他にも10完投、202回、28試合登板、勝率6割5分2厘で選考基準全7項目をクリアした。

 疲労が蓄積するシーズン終盤に凄みを増した。9月22日のヤクルト戦から3試合連続完封勝利。さらに10月14日のヤクルトとのCSファーストステージ第2戦では、ポストシーズン史上初のノーヒットノーランを達成した。「去年の段階で今年は(沢村賞を)狙って取ると公言して取れたので、今年の方が達成感は格段にある。来年一番こだわりたいのは勝ち星。20勝したい」と胸を張った。

 伯父でもある原監督も「勝つべくして勝つ状況で戦う人は大変」と賛辞を贈る。4年連続V逸中の巨人に復帰した指揮官にとって、甥っ子の菅野はリーグ優勝を奪回するための生命線である。絶対的エースの存在は頼もしい一方で、ここ数年、日本に敵なしという状態で、こうなると視線が外へ向くのは自然の流れ。昨オフ、菅野は「今は絶対的な力がない。でもこれから3、4年ありますが、絶対的な力をつけて文句なく行けるようにしたい」と公の場で初めてメジャー挑戦希望を明言。波紋を呼んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る