日本に敵なしも海外遠のく…菅野に原巨人が「3年18億円」

公開日:

 巨人のエースはやはり、伯父さんと一心同体のようだ。

 29日に史上5人目となる2年連続「沢村賞」に選ばれた巨人・菅野智之(29)のことだ。今季は15勝8敗、防御率2.14、200奪三振でセ・リーグ投手3冠。他にも10完投、202回、28試合登板、勝率6割5分2厘で選考基準全7項目をクリアした。

 疲労が蓄積するシーズン終盤に凄みを増した。9月22日のヤクルト戦から3試合連続完封勝利。さらに10月14日のヤクルトとのCSファーストステージ第2戦では、ポストシーズン史上初のノーヒットノーランを達成した。「去年の段階で今年は(沢村賞を)狙って取ると公言して取れたので、今年の方が達成感は格段にある。来年一番こだわりたいのは勝ち星。20勝したい」と胸を張った。

 伯父でもある原監督も「勝つべくして勝つ状況で戦う人は大変」と賛辞を贈る。4年連続V逸中の巨人に復帰した指揮官にとって、甥っ子の菅野はリーグ優勝を奪回するための生命線である。絶対的エースの存在は頼もしい一方で、ここ数年、日本に敵なしという状態で、こうなると視線が外へ向くのは自然の流れ。昨オフ、菅野は「今は絶対的な力がない。でもこれから3、4年ありますが、絶対的な力をつけて文句なく行けるようにしたい」と公の場で初めてメジャー挑戦希望を明言。波紋を呼んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る