女子ツアー放映権トラブルの余波…メジャー大会消滅の危機

公開日:  更新日:

 19日、都内ホテルで行われたLPGAアワード会場では、多くのツアー関係者の間で「本当にメジャーを開催できるの?」という話題で持ちきりだった。

 若い女子プロの活躍で試合数、賞金総額が増え続けて華やかだった女子ツアーが一転、放映権の帰属をめぐって協会と主催者が対立し、来季は3大会が中止になった。

 さらに春に行われる国内メジャー「ワールドレディース選手権サロンパス杯」はスポンサーも会場も決まらず、協会の単独主催「LPGAウィメンズ選手権」となった。

 その開催も危ぶまれているのだ。

 例年、海外からトッププロが招待され、会場へのアクセスも良く、多くのギャラリーで賑わったが、それも平成とともに終わりそうなのだ。

「小林浩美会長は、“引き続き久光製薬さんにスポンサーになってもらうように交渉を続けていく”と言いましたが、大会開催には経費がだいたい3~4億円ぐらいかかると言われています。スポンサーはその半分ぐらいを負担していて、日本テレビが主催でなくなったことで残り部分を誰が負担するか、という問題が出ています。協会にはそれだけの資金がありません。さらに会場の茨城ゴルフ倶楽部(茨城県つくばみらい市)も混乱させてしまった。協会は日程を発表する前に、茨城GCに何の説明もしなかったようです。メンバーには例年通りトーナメント開催を伝えていただけに、“協会との信頼関係が崩れた”というわけです」(関係者)

 放映権トラブル余波はまだまだ続きそうな気配を見せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る