西武・辻監督 楽天の人的補償リストに“ピンとこない”遠因

公開日:

 やっぱり、である。

 20日、西武の辻監督(60)は楽天にFA移籍した浅村の補償を、金銭のみとする可能性を示唆した。すでに楽天から28選手のプロテクトリストは届いているものの、辻監督は「あまりピンとこない」とポツリ。巨人から内海を獲得した際の欣喜雀躍から一転、あまりに激しい温度差である。

 リーグ優勝の西武に対し、楽天は最下位。辻監督がリストに失望したのも無理はないだろうが、楽天に「ピンとくる」選手がいないのは今に始まった話でもない。

 過去、楽天が人的補償の発生するFA補強を行ったのは今回を含めて3回。2015年の今江(元ロッテ)、16年の岸(元西武)と、いずれも金銭での補償だった。

「楽天のドラフト下手、育成下手が原因でしょう。とくに選手層の薄いロッテにすら、『おたくの選手は不要』と言われたようなものですからね。たった28人のプロテクトで収まるということは、将来性のある選手や伸び盛りの選手が、いかに少ないかという証拠です」(パ球団スカウト)

 浅村の今季年俸は2億1000万円のBランク。人的補償アリなら旧年俸の4割の8400万円、ナシなら6割の1億2600万円が西武のフトコロに入る。「あまりピンとこない」選手を獲得するくらいなら、差額約4000万円の方が魅力ということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る