小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

あと30勝が遠い…復活の松坂200勝達成に来季必要なこと

公開日: 更新日:

 2018年を振り返ると、中日・松坂大輔(38)の復活が大きなニュースだった。

 右肩故障の影響もあり、15年にメジャーから復帰したソフトバンクでは3年間で登板はわずか1試合。正直なところ厳しいと思ったが、テストを経て入団した中日では今季11試合に登板し、6勝4敗、防御率3・74でカムバック賞を獲得した。

 日米通算170勝。横浜高出身のプロ野球選手は数多いが、まだ名球会入りを果たした者はいない。あと30勝に迫った200勝になんとか到達して欲しい。これが私の願いである。

 10勝で3年。年齢的に近そうで遠い数字だ。そのためにも、来季は2ケタ勝利を挙げて足掛かりにしたい。ただし、これには条件がある。

 一にも二にも投球フォームを見直すことだ。今季は投げた後に体が一塁側へ流れていた。投球時の踏ん張りが弱く、左肩が逃げてしまうため、球速は140キロ前後。松坂は「股関節が納まらない」と表現している。できないことはないのだろうが、グッと踏み込むと、どこかに違和感が出るのかもしれない。とはいえ、これが修正できないことには、完全復活はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る