山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

今季6勝の松坂大輔が大幅増 年俸8000万円はごくごく普通

公開日:

 中日の松坂大輔投手が契約を更改し、今季の年俸1500万円から大幅増となる8000万円プラス出来高(いずれも推定)の単年契約で合意した。今季の成績は11試合に先発して6勝4敗、防御率3.74。数字だけ見れば、そこまで際立った好成績ではない。

 しかし、中日サイドは松坂の営業面(観客動員やグッズ販売など)の貢献度も考慮して、大幅増を決めたという。松坂という超ビッグネームがもつブランド価値はやはり相当なものなのだろう。

 もちろん、これには批判もある。プロ野球選手はグラウンド内の成績だけで査定されるべきだ、そうじゃないと他の投手とのバランスを乱すことになる。そんな正論が一部で飛び出している。

■共感できる理不尽

 ただし、こういう正論がなかなかまかり通らないから、古くからプロ野球は日本社会の縮図として、とりわけ中年層の感情移入を誘ってきたのではないか。なにしろ、社会における報酬の基準は必ずしも実力至上主義ではない。過去の実績や年齢など極めて曖昧な要素によって評価される。そうじゃないとブラック労働なんて言葉が生まれるわけがない。収入とは労働の対価ではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る