燕バレ大幅昇給で契約更新 助っ人操縦は単年契約がベスト

公開日: 更新日:

 うまく“操縦”しているといっていい。

 ヤクルトのバレンティンが去る25日、100万ドル増の400万ドル(約4.4億円)プラス出来高の単年契約で更新した。

 今季、38本塁打、131打点で打点王を獲得したバレは、在籍8年で30本塁打以上が7度。打撃は文句ナシも、ときに守備、走塁の緩慢プレーで足を引っ張ることもある。

 とはいえ、ヤクルトはでき得る限り、バレにユニホームを着続けてもらいたいと考えている。順調にいけば2020年シーズンから日本人選手扱いになるし、ファンの注目度も高い。

 ヤクルトもバレをコントロールするための知恵を絞っている。かつては4年契約を結んだこともあったが、近年は1年ごとに契約を更新し、出来高には「マイナス条項」も含まれる。暴言などの退場処分で出場停止や制裁金を科されるケースが目立ったため、その場合は球団独自の罰金を科すのだ。以前は守備率や併殺数を出来高に加えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る