山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

矢野阪神に“ドーピング的”好順位では課題解決にはならない

公開日: 更新日:

 新年も早いもので1月8日となった。プロ野球界は自主トレのニュースでにぎわっている。

 虎党の私が気になるのは、やはり矢野阪神の動向だ。新監督の就任によってチームが新しく生まれ変わるのはよくあることだが、こと矢野阪神に関しては金本前監督が掲げていた「生え抜きの若手育成」という課題をそのまま受け継ぐことが期待されている。それが矢野新監督の就任会見時に藤原崇起オーナーが発した「金本路線の継承」という言葉の意味だろう。

 ならば、そのまま金本前監督にやらせればよかったのではないか、という声もあるが、「計画(Plan)→実行(Do)→検証(Check)→改善(Action)」のいわゆるPDCAサイクルの観点に立つと、矢野新監督に継承させるのは妥当だとも考えられる。私自身も金本前監督について支持できるのは「計画(若手育成)」の部分であって、それを3年間かけて「実行」した結果を「検証」してみると、残念ながら芳しいものではなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る