他球団は警戒…昨季最下位・楽天最大補強は「石井GM」の声

公開日: 更新日:

 今オフ、すっかり影が薄いのは楽天だ。

 争奪戦の末、西武の浅村栄斗(28)を獲得し、「補強第1号」となったことも覚えているファンは少ない。

 昨年9月、楽天はチームが低迷する中、石井一久(45)がGMに就任。その1カ月後には、途中辞任した梨田監督の後を継いだ平石洋介監督代行(38)を来季一軍監督にすると発表した。

 ある在京球団関係者が言う。

「楽天は石井GMの就任が不気味。あれが一番の補強だよ。ボンヤリしているように見えて、意外と勉強家。メジャーの知識やスポーツマネジメントに精通し、解説者時代はグラウンドに足を運んで人脈をつくっていた。トップには必要な『はぐらかす力』も得意分野。トレードやFA、ドラフト戦略では手ごわい相手になると思う」

 石井GMの就任当時、高津や古田といった石井と縁のある人物の名前が監督候補に浮上。しかし、石井GMは「僕は(平石監督には)名監督にない部分があると思っている」と語り、楽天の歴史やチームの良い部分や悪い部分、選手個々の能力や性格も知っていると評価して“続投”にかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る