他球団は警戒…昨季最下位・楽天最大補強は「石井GM」の声

公開日: 更新日:

 今オフ、すっかり影が薄いのは楽天だ。

 争奪戦の末、西武浅村栄斗(28)を獲得し、「補強第1号」となったことも覚えているファンは少ない。

 昨年9月、楽天はチームが低迷する中、石井一久(45)がGMに就任。その1カ月後には、途中辞任した梨田監督の後を継いだ平石洋介監督代行(38)を来季一軍監督にすると発表した。

 ある在京球団関係者が言う。

「楽天は石井GMの就任が不気味。あれが一番の補強だよ。ボンヤリしているように見えて、意外と勉強家。メジャーの知識やスポーツマネジメントに精通し、解説者時代はグラウンドに足を運んで人脈をつくっていた。トップには必要な『はぐらかす力』も得意分野。トレードやFA、ドラフト戦略では手ごわい相手になると思う」

 石井GMの就任当時、高津や古田といった石井と縁のある人物の名前が監督候補に浮上。しかし、石井GMは「僕は(平石監督には)名監督にない部分があると思っている」と語り、楽天の歴史やチームの良い部分や悪い部分、選手個々の能力や性格も知っていると評価して“続投”にかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る