日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

公開日: 更新日:

 11日、日清食品グループの陸上競技部が今年1月以降、駅伝大会から撤退すると発表。所属する12人の選手に退部を勧告、今春入社予定だった大学生2人の内定を取り消すという。事実上の「廃部」といっていい。

 1995年に設立された同部には以前、プロ転向した大迫傑(ナイキ)が所属。2010年、12年にニューイヤー駅伝で優勝を果たした一方、近年は低迷。今年は16位に終わっていた。

 日清といえば陸上に理解があり、陸連にも協力的な企業だった。創業者の安藤百福氏が設立した「安藤財団」は桐生祥秀(東洋大)をはじめ、若手アスリートの育成に貢献してきただけに、陸上界で波紋を呼んでいる。

「成績不振では宣伝の費用対効果が得られないし、今後は世界で通用するアスリートへの支援に特化する方針。日清はテニスの錦織、大坂とスポンサー契約を結んでいる。錦織との15年7月~20年12月の5年半の契約は総額で10億円ともいわれる。大坂との契約年数は公表されていないが、昨年の全米オープン優勝でスポンサーとの契約金が一気に高騰している。突出した人気選手を抱える負担は軽くない」

 とは、放送関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る