日本粘りでアジア杯8強も サウジ戦「勝っただけ」と苦言も

公開日: 更新日:

「う~ん、勝つには勝ったけど……。日本サッカーが弱かった1960~70年代の試合みたいだった。自陣で守り倒し、攻撃の手立てを見いだせない。何度も経験したからよく分かるが、選手たちは本当にしんどかったと思う」

 苦笑いしながらこう話すのは、68年メキシコ五輪得点王のレジェンド釜本邦茂氏である。

 UAEで開催されているアジアカップ決勝トーナメント1回戦で森保ジャパン(FIFAランキング50位)は21日、中東の実力国サウジアラビア(同69位)と対戦した。

 キックオフ直後からサウジがボールを回しながら攻め込み、日本の選手は守備に奔走する場面が続いた。ところが前半20分、CKのチャンスにDF冨安健洋(20=シントトロイデン)が、身長188センチの高さを生かしてヘッド一発。これがズドンと決まって日本が先制した。しかし、ここから70分間、日本選手の難行苦行がスタートした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る