玉鷲15年休場知らず 鉄人の秘訣は「まわし」より「押し」

公開日: 更新日:

「できるところまでやりたい。40歳を越えてもやりたいです」

 大言壮語どころか、その可能性も大いにありうる。

 28日に玉鷲(34)が優勝一夜明け会見を行い、「今でも信じられない」と自身の初Vに相好を崩した。

 それにしても驚くべきは、2004年の初土俵以降、一度も休場がないことだ。15年間で積み上げた通算1151回の連続出場記録は、青葉城(22年、1630回)に次ぐ歴代2位。よほど体が強いのか。

 ある親方が言う。

「前に出る押し相撲に徹していることが一番大きい。四つ相撲の力士は無理な体勢から強引に投げを打ち、自身の足腰を痛めることが少なくない。玉鷲はそもそもまわしを取らないので、その心配がない。スポーツ未経験で大相撲の世界に入ったことで、他競技の癖がなく、師匠に教わった押し相撲の技術を素直に吸収できたこともプラスだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る