玉鷲15年休場知らず 鉄人の秘訣は「まわし」より「押し」

公開日: 更新日:

「できるところまでやりたい。40歳を越えてもやりたいです」

 大言壮語どころか、その可能性も大いにありうる。

 28日に玉鷲(34)が優勝一夜明け会見を行い、「今でも信じられない」と自身の初Vに相好を崩した。

 それにしても驚くべきは、2004年の初土俵以降、一度も休場がないことだ。15年間で積み上げた通算1151回の連続出場記録は、青葉城(22年、1630回)に次ぐ歴代2位。よほど体が強いのか。

 ある親方が言う。

「前に出る押し相撲に徹していることが一番大きい。四つ相撲の力士は無理な体勢から強引に投げを打ち、自身の足腰を痛めることが少なくない。玉鷲はそもそもまわしを取らないので、その心配がない。スポーツ未経験で大相撲の世界に入ったことで、他競技の癖がなく、師匠に教わった押し相撲の技術を素直に吸収できたこともプラスだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る