法大野球部・青木監督 暴力指導の裏で口止めと就活の狡猾

公開日: 更新日:

 保身にかけては一流のようだ。

 日刊ゲンダイの取材で明らかとなった法政大学野球部の青木久典監督(45)によるパワハラ暴力指導。30日、同野球部が全体練習を行い、青木監督も通常通り練習に参加した。

 同大広報部によれば、「保健体育センターや野球部が、事実関係の確認のために当事者に対して聞き取り調査中」と、事実の解明に乗り出したが、青木監督は発覚前から「先手」を打っていたことが分かった。ある法大OBが言う。

「19日に開かれたOB総会で、青木監督は選手やOBに対して『何か聞かれても話すんじゃないぞ』と口止めしていた。過去の暴力がバレるんじゃないかと終始落ち着かない様子で、『いろいろ嗅ぎ回られて困ってるんだよ』と漏らすこともありました。本当のことなんだから、潔く認めるべきだと思いますが……」

 しかし、当の本人に潔さはなく、先日の疑惑発覚後も鎮火に奔走。大学と日本学生野球協会に届いた“告発文”に記載されていた被害者に事情を聴くなど、大学側が動きだしたことを懸念し、現役選手やスタッフ、引退したOBに口頭や電話で箝口令を敷いたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る