法政大野球部・青木監督 パワハラ疑惑報道で聞き取り調査

公開日: 更新日:

 29日発売の日刊ゲンダイ「法大野球部 青木監督パワハラ暴力指導疑惑」報道を受け、スポーツマスコミは大騒ぎだ。

 日刊ゲンダイは青木久典監督(45)のパワハラ、暴力指導疑惑をいち早く報じた。部員に対する日常的な暴力指導を訴える告発文が法大と日本学生野球協会に届いていることをはじめ、複数の野球部OBたちの証言を掲載。それによれば、青木監督はノックバットで部員の太ももや尻を叩いたり、野球部寮の玄関先で部員の腹部にパンチを見舞ったり、マネジャーにプライベートな雑用係のようなことをさせたりしていたという。

 日本学生野球協会の内藤雅之事務局長は、告発があった事実を認めたうえで、「いまはその事実確認を法政大へお願いして、報告書をお待ちしている段階。問題が事実であれば、審査室会議という第三者委員会の場で処分を決めると規則で決まっていますので、最終的にはそこで決まります」とコメント。法政大広報課は29日午前9時の段階で「これから関係各所に確認するところです」と回答。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る