評価うなぎ上り日ハム輝星“唯一の不安”は奇策好きの指揮官

公開日: 更新日:

 吉田はブルペンで主にセットとクイックで投げていた。「ワインドアップは振りかぶった時点で足を後ろに引くことによって自然と勢いがつくが、セットやクイックで自分自身で勢いをつけたほうがいいと思っている」と本人は話す。あえて難しいシチュエーションに自分を置き、強い球を投げようという意識を持ってブルペンに臨んだ。キャンプでコーチから新たな技術を学び、実戦に入っていけば、最速152キロのストレートは、さらに凄みを増すに違いない。

■「できるなら準備してくれ」

 もっとも、日本ハムの高卒新人投手は、たとえ力があろうと、プロの環境、生活に慣れ、1年間を通して野球ができる体力づくりが優先。ダルの一軍デビューは6月に入ってから。大谷も投手としてのデビューは5月下旬だった。球団は吉田に関しても先輩の育成方針を踏襲する方向。体が完全に出来上がっていない1年目からフル回転、取り返しのつかない故障につながることを危惧しているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る