評価うなぎ上り日ハム輝星“唯一の不安”は奇策好きの指揮官

公開日: 更新日:

「しかし、栗山監督が我慢できるかどうか……」とは、別のOBだ。

「栗山監督は先日、開幕投手について『年齢は関係ない。今年に関しては道がいっぱいある。選択肢が多い。何でもありだ』と発言。吉田の大抜擢すら示唆した。リップサービスもあるんでしょうけど、吉田に対する周囲の高評価は監督の耳にも入っている。吉田は順調にいけば、2月16日の紅白戦で実戦初登板を迎える。栗山監督もそこで初めて吉田の投球を見ることになる。現時点で140キロ台中盤を投げ込む吉田のこと。紅白戦で惚れ惚れするような投球を見せれば、栗山監督が開幕から使いたくなっても不思議ではない。昨年の清宮がそうでしたが、良いと思えばとにかく早く使いたい、試したいタイプですからね」

 栗山監督はそもそも奇策というか、奇をてらった選手起用を好む。前年に6勝6敗だった斎藤佑を開幕投手に抜擢したり、中軸を担っていた大谷に1番を打たせたりもする。それが勝利につながるかどうかはともかく、大胆な起用で大向こうをうならせたいタイプではある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る