報道陣にも禁煙指令…G原監督の異様テンションに周囲恐々

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督(60)が31日、春季キャンプ地の宮崎に入った。到着した宮崎空港で行われた歓迎セレモニーで、「大歓迎ありがとうございます!」と声を張り上げた指揮官。3度目の就任となったこのオフは、編成も含めた「全権監督」としてFAの丸、炭谷を筆頭に岩隈、中島、新外国人のビヤヌエバ、クックを獲得し、他球団が「金満復活」と揶揄する大型補強を敢行した。

 球団内からも、そのやりたい放題を危惧する声が上がる中、当の本人はこの日も異常なまでのハイテンションだ。宮崎神宮を参拝後、「私も含めて新戦力。僕自身も非常にフレッシュな感じでいる。デイ・バイ・デイ、一日一日を積み上げながら、チームを引っ張るメンバーが何人揃うか」と独特の“原語”を交えて力説。早朝の羽田空港では、前日に谷岡が一軍から三軍スタートに変更になったことを受け、「いい直球と落差のあるフォークがあるのになあ……」とした上で、「サラリーマンの世界ならクビだよな。ま、クビってことはないかもしれないけど、プロ野球選手の故障は職場放棄だから。仕事ができる、できない以前の問題。秋のキャンプでも、そう言ったんだけど」とキャンプイン直前に離脱した期待の若手をバッサリである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る