“無反応”根尾と“饒舌”吉田 新人研修会で再会するも好対照

公開日: 更新日:

 好対照だった。

 11日、都内でNPB新人合同研修会が開かれ、中日1位の根尾昂(大阪桐蔭)、日本ハム1位の吉田輝星(金足農)らが出席した。

 講習会は朝10時から夕方5時まで約7時間にわたる長丁場。思わず舟をこぐ選手もいる中、根尾は熱心に講師の話に耳を傾けた。中でも「暴力団の実態と手口」の講義を受け、「『身近な人でも善意と悪意の区別がつきにくい。危険がどこに潜んでいるか分からない』という話が印象に残った。野球選手としてはもちろん、社会人として恥ずかしくないよう、責任を持ってやらないと」と終始、真顔で振り返った。

 一方、「結構難しい話だった。税金面とか金銭的な話がよく分からなかったです」と率直に話した吉田は終始、ちゃめっ気タップリだった。

 昨年のU18では、チームメートだった根尾やロッテ1位の藤原恭大(大阪桐蔭)らに「太った」とからかわれ、5キロほど減量した姿を披露するのを楽しみにしていた。研修会の休憩中に根尾と再会するも、吉田は「全然反応なかったです」と苦笑い。その“仕返し”にと、根尾の伸びた髪形をイジり返したが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  4. 4

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    渡辺GM語る 浅村・雄星移籍で「チームまとまる」の根拠

もっと見る