大関とり明言の貴景勝 重要なのは2ケタ勝利より上位力士戦

公開日: 更新日:

「大関」という言葉を初めて口にした。

 6日に稽古を再開した貴景勝(22)。直近の2場所では13勝、11勝で、昇進基準の「三役で3場所33勝」まであと9勝だ。

 もちろん、9勝止まりでは尻すぼみもいいところ。最低でも2ケタ勝利が必要であることは、審判部の共通認識でもある。

 貴景勝はこの日、目標を聞かれると「大関になること」と明言し、「これまでは『次の番付』と濁してきたけど、自分でもハッパを掛けていかないといけない」と、力強く話した。

 もっとも、2ケタ勝利さえクリアすれば無条件で昇進……というわけでもない。数字以上に重要になるのが、上位力士戦だ。

 白鵬には先場所勝ったものの、通算1勝3敗。鶴竜には3戦全敗と散々だ。大関とも合口がいいとは言えない。ここ3場所は大関と8戦し、3勝5敗。うち2勝はひざを痛めた栃ノ心から挙げている。豪栄道には先場所千秋楽、電車道で押し出された。直前に玉鷲の優勝が決まって気持ちが切れたのかもしれないが、豪栄道の踏み込みに反応できなかったのも事実。高安とは特に相性が悪く、もっか3連敗中である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る