プロが解説 アマは1m以内のパットでも“ピン抜かず”が正解

公開日: 更新日:

【HSBC女子選手権】

 3アンダー、6位タイでスタートした畑岡奈紗(20)は72。スコアを伸ばせず10位タイに後退。18番では2メートルのバーディーパットが打ち切れず悔しいフィニッシュとなった。

 パットといえば、今年からゴルフルールが大幅に変更され、グリーン上でピンを抜かずにプレーすることもできるようになった。畑岡の出場している試合を見ていると、10メートル以上のロングパットでは多くの選手がピンを抜かずに打っていたが、並木俊明プロは「アマチュアはなるべくピンを差したまま打つべきです」と言って、こう続ける。

「今は大きなベントグリーンが主流で20メートル以上のファーストパットを打つケースも多いでしょう。10メートル以上のロングパットはピンを差したままの方が距離感を合わせやすい。しかし、アマチュアの場合、1メートル以内のパッティングでもピンを抜かずに打つべきです。私はこのルールができてからグリーン上で何度も実験しました。パッティングの打球は順回転で転がっていくので、よほど強く打たない限り1メートル以内でもピンに当たるとカップインします。強くなければピンの真正面に当たらなくても入ります。グリーン外からのアプローチがピンに当たって大きくはじかれるケースが多いのは逆回転がかかっている時です。ピンを抜かずにプレーすればプレースピードも速くなります」

 ちなみに、順回転のボールはグリーンの芝目に影響されにくいし、伸びもいい。お試しあれ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  6. 6

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  7. 7

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  8. 8

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る