原監督が描くV奪回切り札「丸2番」巨人OBは懸念材料を指摘

公開日: 更新日:

 米メジャーでは現在、「2番打者最強論」が主流になっている。2017年に52本塁打、114打点を挙げたヤンキースのジャッジ、33本塁打を放ったエンゼルスのトラウトらがその代表例だ。

「これをそのまま導入しようとしているのが、原監督です。V奪回の切り札として獲得した丸(佳浩=29)に白羽の矢を立て、キャンプでの実戦から固定している。打線はまだ流動的な部分がありますが、2番の丸と4番の岡本だけは決定しています」(チーム関係者)

 丸は3日のヤクルト戦でも「2番・中堅」で先発出場。この日は2打数無安打だったが、これでオープン戦全4試合すべてで2番に入った。

「原監督は『今年のジャイアンツは初回に2点を取りにいく野球をする』と公言している。2年連続MVPでリーグ最強打者と言っていい丸の2番起用は、それを実現するための用兵でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る