好投のGドラ1高橋より…他球団は畠の“逆転ローテ入り”警戒

公開日: 更新日:

 巨人の開幕ローテーション入りを狙う若手が好投した。

 ドラフト1位左腕・高橋優貴(22=八戸学院大)が6日、二軍の教育リーグ西武戦で先発。5回を6奪三振1失点に抑えれば、2番手で登板した3年目の畠世周(24)は、4回を6奪三振無失点。畠は「今日は真っすぐでファウルを取って変化球でやったらうまくいった。改めて自分は真っすぐでいかないとダメだと思った」と振り返った。

 開幕ローテ争いは、菅野、山口、メルセデス、ヤングマンの4人が当確。事実上、残りの2枠を高橋と同じ左腕の田口、今村らが争っている。ただ、先月のキャンプから他球団が警戒していたのは、この日2番手で登板した畠だった。他球団のスコアラーはこう首をひねっていた。

「宮崎キャンプの紅白戦で登板していたから、ケガではなさそうなのに、なぜ二軍にいるのか。昨年腰を痛めた故障明けだからか。巨人は先発4本柱以外は、田口か今村かドラ1の高橋が入るにしても、5番目以降がガクッと落ちる。畠はトップ4に匹敵する投手です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る