見せ場なきV争い…女子プロ協会は放映権料を取れるのか

公開日: 更新日:

【ダイキンオーキッドレディス】

 テレビは、「宮里藍以来、15年ぶりの沖縄県勢の優勝です」と大騒ぎだったが、大会3日目が終わり、よほどの“事件”が起きない限り勝負はついていたようなものだ。

 すでに4勝を挙げ、昨季賞金ランク4位の比嘉真美子(25)が2位に7打差をつけて独走態勢に入っていたからだ。

 しかし、最終日は録画放送が始まって比嘉は15番、16番で連続ボギー。17番はバーディーを奪ったが、見せ場は少なく76とスコアを大きく落とした。追いかける方もスコアを伸ばせず、2位とは3打差になったが辛くも逃げ切ることができた。

「比嘉は地元優勝というプレッシャーがあっただろう。だが、天候が崩れてスコアメークに苦しむ映像を見せられたら、女子大会中継は面白いとは思わない。本来ならスタート時点の7打差をもっと離して試合を盛り上げなければいけなかった。せっかく待ちに待った女子ツアー開幕戦なのに、初っぱなからワクワクドキドキがなかった、これでは女子プロ協会がもくろむ放映権料も取れないでしょう」(評論家・宮崎紘一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  7. 7

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    刑務官が巡回中に倒れ…自由になった受刑者が取った行動は

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る