見せ場なきV争い…女子プロ協会は放映権料を取れるのか

公開日: 更新日:

【ダイキンオーキッドレディス】

 テレビは、「宮里藍以来、15年ぶりの沖縄県勢の優勝です」と大騒ぎだったが、大会3日目が終わり、よほどの“事件”が起きない限り勝負はついていたようなものだ。

 すでに4勝を挙げ、昨季賞金ランク4位の比嘉真美子(25)が2位に7打差をつけて独走態勢に入っていたからだ。

 しかし、最終日は録画放送が始まって比嘉は15番、16番で連続ボギー。17番はバーディーを奪ったが、見せ場は少なく76とスコアを大きく落とした。追いかける方もスコアを伸ばせず、2位とは3打差になったが辛くも逃げ切ることができた。

「比嘉は地元優勝というプレッシャーがあっただろう。だが、天候が崩れてスコアメークに苦しむ映像を見せられたら、女子大会中継は面白いとは思わない。本来ならスタート時点の7打差をもっと離して試合を盛り上げなければいけなかった。せっかく待ちに待った女子ツアー開幕戦なのに、初っぱなからワクワクドキドキがなかった、これでは女子プロ協会がもくろむ放映権料も取れないでしょう」(評論家・宮崎紘一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る