元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

「麻也君を支える立場に」昌子が語る森保Jへの意気込み

公開日: 更新日:

 ロシアW杯後、日本代表招集が見送られてきた昌子だが、コロンビア、ボリビアと対戦する3月の2連戦での森保ジャパン初参戦が決まった。「今後は欧州と日本を行き来しながらの代表活動になる。難しい状況の中でもパフォーマンスを維持して、麻也君(吉田=サウサンプトンDF)を支える立場にならないといけない」と新たな意気込みを見せる。

 試合終了間際の高速カウンター「ロストフの14秒」で砕け散ったロシアW杯ベルギー戦から8カ月。「(決勝点を決めたモナコMF)シャドリへの最後のスライディングが、なんで追いつけんのやろって……。(日本代表の)先輩たちに(16強以上の)高い景色を見せられなかった。自分が足を引っ張った」と号泣した昌子は、代表復帰への渇望を抱き続けてきた。

「ロシアの時は僕が一番(年齢が)下で先輩たちに“付いていく”W杯だった。『唯一の国内組』って言われるのも凄く嫌だった。俺がアカンかったらJリーグのDF全員ダメってことになる。そのプレッシャーを勝手に背負ってました。でも、今はW杯を1度経験させてもらったし、欧州組にもなった。海外歴では(1月の)アジア杯に出ていた拓実(南野=ザルツブルクMF)や冨安(健洋=シントトロイデンMF)の方が長いけど、若手とベテランのパイプ役になれれば、と思います」と自身の立ち位置をよく理解している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る