“遅直球”でイチロー手玉 巨人今村に先発5番目「当確」点灯

公開日: 更新日:

 巨人の今村信貴(25)が17日の米マリナーズとのプレシーズンゲームに先発。5回100球を投げ、5安打6奪三振1失点の粘投を見せた。

 二回、四回には20歳年上のイチローと対戦。最初の打席はフルカウントから137キロで中飛、続く打席はツーボールから139キロで二ゴロに打ち取った。9球全て直球で勝負。イチローには「球遅いっしょ。ダグアウトから見てても明らかに違うからね。球が速いピッチャーではないとは思うもののビックリしましたね」と皮肉られたが、今村は「イチローさんとの勝負は全て直球です。貴重な時間。いい経験になりました。こねくり回すよりも直球一本でスーパースターと勝負したかった」と胸を張った。原監督も「ボールそのもののパワーが増した。投手の基本は点を与えないこと。粘りという点において、私のいない3年間で非常に成長した」と及第点。

 今村は10日の阪神戦も5回無失点と好投していた。この日、開幕ローテを争う田口が2番手で登板。2ランを2発浴びるなど1回3分の1を4失点でKOされたことで、宮本投手総合コーチは「彼(今村)は(ローテの)一角に入ってくる」と示唆した。イチローを“遅直球”で封じ、田口、ドラフト1位ルーキー高橋、畠、沢村らとの開幕ローテ争いで「5番目」の当確ランプをともした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  6. 6

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る