“遅直球”でイチロー手玉 巨人今村に先発5番目「当確」点灯

公開日: 更新日:

 巨人今村信貴(25)が17日の米マリナーズとのプレシーズンゲームに先発。5回100球を投げ、5安打6奪三振1失点の粘投を見せた。

 二回、四回には20歳年上のイチローと対戦。最初の打席はフルカウントから137キロで中飛、続く打席はツーボールから139キロで二ゴロに打ち取った。9球全て直球で勝負。イチローには「球遅いっしょ。ダグアウトから見てても明らかに違うからね。球が速いピッチャーではないとは思うもののビックリしましたね」と皮肉られたが、今村は「イチローさんとの勝負は全て直球です。貴重な時間。いい経験になりました。こねくり回すよりも直球一本でスーパースターと勝負したかった」と胸を張った。原監督も「ボールそのもののパワーが増した。投手の基本は点を与えないこと。粘りという点において、私のいない3年間で非常に成長した」と及第点。

 今村は10日の阪神戦も5回無失点と好投していた。この日、開幕ローテを争う田口が2番手で登板。2ランを2発浴びるなど1回3分の1を4失点でKOされたことで、宮本投手総合コーチは「彼(今村)は(ローテの)一角に入ってくる」と示唆した。イチローを“遅直球”で封じ、田口、ドラフト1位ルーキー高橋、畠、沢村らとの開幕ローテ争いで「5番目」の当確ランプをともした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  4. 4

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  5. 5

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  6. 6

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  7. 7

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  8. 8

    五輪開催「力強い支持」のマヤカシ G7首脳は塩対応だった

  9. 9

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  10. 10

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

もっと見る