4回6失点降板でも…巨人と侍Jは菅野に“おんぶに抱っこ”

公開日: 更新日:

 巨人の菅野智之(29)が打たれた。

 8日のオリックスとのオープン戦に先発し、4回を投げて9安打、オープン戦ワーストの6失点で降板した。「ここまで打たれるのは良くない。チームの士気が下がる。反省しかない」と悔しがるも、「原因は分かっている。修正できる」と言い切った。すでに開幕投手が決まっている。首脳陣の信頼も揺るがない。

 頼らざるを得ない状況でもある。開幕ローテは菅野、山口、メルセデス、ヤングマンの4人が当確。残り2枠を田口、今村、ドラフト1位ルーキー高橋(八戸学院大)、野上、畠、先発に転向したばかりの澤村らが争うが、他球団のスコアラーは「5人目以降がガクッと落ちる」と分析する。

 原監督は先発投手を6人で回すと明言している。しかし、かつては「6人目はどうしても弱くなる」と連戦以外は5人で回したい構想を明かしたこともある。先発の人数が少なくなれば、エースは短い間隔での登板を余儀なくされるが、菅野によれば、原監督に「勝ち星を増やして欲しい」と言われているそうで、だからこそ目標を「20勝」と公言。「200イニング」の投球回数にもこだわる。すでにV奪回のため、フル回転する覚悟を抱いているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る