雪もなんの楽天が仙台で3連勝 杜の都“珍事”は勝利への吉兆

公開日: 更新日:

 雪の影響で試合が中断したのが2日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天―日本ハム戦だ。

 試合前から雪がちらついていたが、開始直後に吹雪のような状態に。楽天が攻撃中の一回裏、午後4時11分に審判団が一時中断を宣告。写真は雪が降りしきる中、日本ハムの先発・加藤がベンチに引き揚げるシーンだ。

 約20分後に再開した試合は楽天ペース。四回に島内の適時打で先制すると、八回にはFA加入の浅村が移籍初本塁打となるダメ押しの2ラン。投げては先発の辛島が7回を3安打無失点に抑えて1勝目をマークした。

 チームはこれで3連勝。気温1.7度。極寒の中、本拠地開幕戦に訪れた2万7096人の観客も満足だったに違いない。

 さて、楽天の本拠地球場といえば、2年前の8月には試合中に鳥の群れが闖入。ヒチコックの映画さながら野手を“襲撃”するかのごとく内外野を自在に飛び回ったため一時中断。その後、打線が爆発、4点差を追い付いて引き分けに持ち込んだ経緯がある。

 楽天にとって「鳥」や「雪」は吉兆か。「杜の都」らしい珍事ではあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る