監督・選手が絶賛 楽天の“浅村効果”を本人に直撃すると

公開日: 更新日:

「背中でしっかりとプレーを見せてくれる選手。プレーやバッティングを見ることで、必ず周りの選手にいい影響もできる。今後、5年、10年と常勝軍団でいるため、楽天でプレーしていただければ、その間に育成もできる」

 楽天の石井一久GM(45)は、4年総額20億円超ともいわれる大型契約で浅村栄斗(28)をFAで獲得した際に、こんな狙いを口にした。野手で核となる選手が不在だったなかで、石井GMの狙い通り、「浅村効果」は早くもチーム内に波及している。

 キャンプでは浅村の一挙手一投足が選手、首脳陣、裏方から注目を集めた。フリー打撃では持ち前の逆方向への鋭い当たりを連発。「モノが違います」と、浅村相手にボールを投げた打撃投手がこう言った。

「バットにボールが当たった時の『ガキン』という衝撃音が助っ人選手みたいに大きく球場内に響く。打撃練習から右翼上段へ打っていたが、まるで左打者が引っ張るような打球です。さらに、ミートの確率も高く、外を要求されて内に逆球を投げてしまっても、対応する。近年の楽天ではここまでの長距離砲はいなかった。タイプは違いますが、(2005~11年に在籍した)山崎武司さん以来じゃないですか。みんなが衝撃を受けています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  5. 5

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る