大迫傑が明かした ナイキの環境と日本マラソン界の未来

公開日: 更新日:

 日本マラソン界最速の男が、日刊ゲンダイに胸の内を語った。

 シカゴマラソンで日本新記録を樹立した大迫傑(27=ナイキ)が東京都内で小学生を集めた陸上教室に参加。将来について「本格的に教えるのはまだ先かもしれないけど、今から『どうやったら選手の“色”を伸ばせるか、モチベーションを与えられるか』という知識をつけて、トップの選手を育てたい」と明かした。

 アジア人で初めて「ナイキ・オレゴン・プロジェクト」に所属。ナイキのメンバーは、リオで男子マラソン銅メダリストのゲーレン・ラップ(32=米国)、リオで男子1500メートル金メダリストのマシュー・セントロウィッツJr(29=米国)など精鋭が揃う。ロンドン、リオ五輪2大会で5000メートル&1万メートルの金メダルを獲得したモハメド・ファラー(35=イギリス)も昨秋まで所属していた。超一流を生み出すチームはどんな極秘特訓をしているのか。ナイキはトレーニングの詳細について「企業秘密」を貫くが、大迫が驚いたのは意外なことだったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  2. 2

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  3. 3

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 7

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  9. 8

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  10. 9

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  11. 10

    木下優樹菜 急転直下“引退宣言”で嘘も噂も一度リセット?

もっと見る