神野大地2度目のケニア合宿へ 五輪目指す元“山の神”を直撃

公開日: 更新日:

 今年の箱根大学駅伝は東海大が悲願の初優勝を果たした。5連覇を狙った青学大は往路の4区、5区の失速が響き、2位に終わった。青学大の初Vは2015年。山登りの5区を走った神野大地(3年)の快走が優勝の原動力になった。卒業後は実業団を経て、昨年5月からプロランナーになった。マラソン選手として2020年の東京五輪を目指す神野は間もなく、昨年に続き2度目のケニア合宿に向かう予定だ。その意義と今後について聞いた。

■これ捨てるの?

 ――昨年7月、約2カ月間ケニア(標高2300メートルのイテン)で合宿を行いました。そこで見たことは大きな刺激になったそうですね。

「収入なんてほとんどない若者たちが、自分の可能性を信じてマラソンに懸けている。みんな一獲千金を夢見ているのです。シューズなんて『これ、何年履いているの?』というぐらいボロボロで、ウエアもバラバラ。大会に出られない選手はシューズを買うのが難しいので、ウエアが上下揃っている選手は実力がある証拠です。僕は2カ月で10足つぶしましたが、シューズの裏が削れているぐらいで捨てるなんてケニアでは考えられない。『これ、捨てるの?』と聞かれるので、みんなにあげました。宿舎にしていたホテル従業員の女性の靴も相当使いこまれていました。履かなくなったものを渡すと大喜びでした。その従業員は朝6時出勤で夜の9時まで働いて日給が日本円で約700円。それでも現地ではいい方だと。ケニアの平均月収は約7000円と聞きました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る