甲子園の“勝ち歌”新定番歌う アーティスト成底ゆう子に聞く

公開日: 更新日:

 平成から新元号・令和の世になることになったが、これから先もずっと歌い継がれていく“勝ち歌”がある。石垣島出身のシンガーソングライター・成底(なりそこ)ゆう子さん(43)の「ダイナミック琉球」である。

 2017年夏の甲子園だった。アルプススタンドから「♪海よ 祈りの海よ 波の声響く空よ 大地踏み鳴らして叩く 島の太鼓ぬ響き♪」という歌声が響き渡った。選手たちを奮い立たせる歌、スタンドの生徒たちを鼓舞する歌、そして勝利を呼び込む“勝ち歌”として採用する高校が増えていった。これがSNSなどで一気に拡散され、再生回数は約321万回(4月1日現在)を超えてなお、その勢いは一向に止まるところを知らない。「ダイナミック琉球」との出会いなどじっくりと話を聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 ーー高校野球の聖地・甲子園で「ダイナミック琉球」が歌われていることを初めて意識したのは2017年夏の甲子園・仙台育英高(宮城)と広陵(広島)との一戦だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る