日ハムの“参謀”を直撃 新戦術「オープナー」の利点と課題

公開日: 更新日:

 日本ハムがメジャーで流行した「オープナー」を戦術に取り入れている。2日の楽天戦は加藤、バーベイトが3回ずつ計6回を投げて1失点に抑えながら、打線の援護なく敗戦。4日の同戦は斎藤が二回途中3失点、6日の西武戦では2番手の金子が2回5失点と打ち込まれるなど、3戦3敗と結果が出ていない。

「批判は覚悟の上」と先発、2番手を短いイニングで交代させている栗山監督は7日の西武戦前、「この世界は結果を出さないとダメ。選手に申し訳ないと思うし、責任は凄く考えている。どうしたらチームにとってプラスになるかを考えていく」と前を見据えたが、オープナー導入の意図と今後の課題について、指揮官の懐刀である厚沢ベンチコーチに話を聞いた。

 ――導入の意図は?

「オープナーと言っても、ウチの場合は(メジャーとは違い)リリーフ専門の投手を起用しているわけではない。立ち上がりがいい投手が短いイニングをしっかり抑える、というスタンスです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  5. 5

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  10. 10

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

もっと見る