軽く虎狩りも油断禁物 Gドラ1高橋“脱チャレンジ枠”ならず

公開日: 更新日:

 59年ぶりの快挙だそうだ。

 巨人ドラフト1位ルーキー高橋優貴(22=八戸学院大)が4日、阪神戦でプロ初登板初先発。初回に2死一、二塁のピンチを招いたものの、5番の福留をスライダーで空振り三振に打ち取り波に乗った。試合前までチーム打率.184の阪神打線に対し、6回101球を投げ、4安打5奪三振1失点。岡本の2発、坂本勇の3ランなど味方の大量援護もあり、危なげなかった。球団の大卒新人の初登板初先発での勝利は、1960年の青木宥明以来となった。

 東海大菅生から八戸学院大。昨秋のドラフトで外れ外れ1位で指名された。開幕ローテ最後の「6枠目」を同じ左腕の今村らと争い、何とか滑り込んだ。オープン戦の内容は今村の方が上だった。マリナーズ打線を抑えるなど、オープン戦の内容が良く、宮本投手総合コーチは「彼(今村)はどこか一角に入ってくる」と示唆したことで、スポーツ紙は「開幕ローテ当確」と書いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

もっと見る