32位松山英樹 好機ことごとく外しマスターズ5年でワースト

公開日: 更新日:

【マスターズ】最終日

 2015年から連続出場の松山英樹は、通算3アンダー32位に終わり、この5年で最も成績が悪かった。

 ライン読みがズレているのか、そもそも打ち方が悪いのか、バック9のパッティングは特にひどかった。10番は3.5メートルのパーパットがカップに蹴られ、12番は4メートルのバーディーパットがカップ左を通過。13番は第2打をグリーン手前のクリークに落とし、そこからピン3メートルに寄せるも、このバーディーチャンスを逃す。14番も4メートルのバーディーパットがカップに嫌われ、15番は7メートルのイーグルチャンスから3パット。

 最終18番はこの日を象徴するような内容だった。第1打は左バンカーにつかまり、第2打はアゴに当ててグリーンに届かない。第3打はピン右3.5メートルに寄せたが、このパーパットをカップ左に外した。“パット・イズ・マネー”の名言もあり、チャンスをことごとく外しているようではメジャー優勝など夢のまた夢だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  3. 3

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  4. 4

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

  5. 5

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  6. 6

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る