心技体すべて未熟…松山英樹がマスターズで露呈した限界

公開日: 更新日:

【マスターズ】2日目

 松山英樹(27)は5バーディー、3ボギーの70で回り、通算1オーバー、46位タイ。予選は通ったが、首位とは8打差と開き優勝争いの圏外となった。

「思うようにいかず苦しい流れだった。どこを修正すればいいかはわからない。(同組で回った)アダムのゴルフを見てショットがある程度戻れば上位で戦えることがわかった」

 不安を抱えながらプレーを続ける松山は開幕2日前、1次リーグで敗退した2週間前のWGCマッチプレー選手権の後で風邪をひき、「ずっと寝てた。練習ラウンドは1、2回。感覚もなかった」と語っていた。

 世界のトッププロたちは、4大メジャーに照準を合わせてコンディションを調整する。スイングもパットも不安定な今の松山は、仮に体調が万全でも上位争いは厳しい状態だ。大事な試合の前に風邪をひいていること自体がプロとして自覚が足りず、それを口にするのはいいプレーができない時のエクスキューズにしか聞こえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る