心技体すべて未熟…松山英樹がマスターズで露呈した限界

公開日: 更新日:

【マスターズ】2日目

 松山英樹(27)は5バーディー、3ボギーの70で回り、通算1オーバー、46位タイ。予選は通ったが、首位とは8打差と開き優勝争いの圏外となった。

「思うようにいかず苦しい流れだった。どこを修正すればいいかはわからない。(同組で回った)アダムのゴルフを見てショットがある程度戻れば上位で戦えることがわかった」

 不安を抱えながらプレーを続ける松山は開幕2日前、1次リーグで敗退した2週間前のWGCマッチプレー選手権の後で風邪をひき、「ずっと寝てた。練習ラウンドは1、2回。感覚もなかった」と語っていた。

 世界のトッププロたちは、4大メジャーに照準を合わせてコンディションを調整する。スイングもパットも不安定な今の松山は、仮に体調が万全でも上位争いは厳しい状態だ。大事な試合の前に風邪をひいていること自体がプロとして自覚が足りず、それを口にするのはいいプレーができない時のエクスキューズにしか聞こえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る