大船渡高・佐々木朗希はいきなり海を渡るのがベストな根拠

公開日: 更新日:

 佐々木が高校からメジャー挑戦した場合、どんなに実力があっても、ルーキーリーグから徐々に段階を上がっていくことになる。マイナーの連中との競争は避けられないが、佐々木はおそらく、彼らの競争相手にはならない。マイナーの選手に足を引っ張られた程度でどうにかなるようなレベルではない。それくらい佐々木の力は飛び抜けているからだ。

■米国では首脳陣に潰されることはない

 米国は投手にプロ野球のような投げ込みはやらせない。投げ込みがないどころか、球数制限がある。トレーニングも日本以上に科学的だ。

 佐々木はフツーの県立高校の生徒と聞いた。野球学校で鍛えられているわけではないから、体力面の不安はある。スタミナも不足しているに違いない。しかし、米国は高校出の選手に無理はさせない。実力のある選手でも、1年目は環境に慣れるところからスタートする。いってみればオリエンテーションのようなものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  7. 7

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

  8. 8

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  9. 9

    チコちゃんに迫る?「突撃!カネオくん」田牧そらの人気

  10. 10

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る