燕3連続被弾でKO…巨人菅野“一発病”リーグワーストのなぜ

公開日: 更新日:

 セ・リーグのあるスコアラーがこう言う。

「その前に菅野はなぜ打たれないのか。直球のスピン量が多く、キレがいいからなんです」

 確かに2017年のWBCで登板した際、MLB公式サイトが「メジャーのトップ選手とほぼ同数のスピン量の投手だ」と絶賛したほど。菅野もオフに指先を鍛えるなど「スピン量」にはこだわっている。巨人のデータ分析室によると、導入しているトラックマンで数値化されるため、「菅野は回転数などを日々チェックして投球に役立てています」と言う。

 前出のスコアラーが続ける。

「スピン量が多い球は反発力が大きいため、バットに当たるとよく飛ぶんです。厳密に言うと、もともと回転数が多い好投手が、疲労などで一時的に回転数が落ちた時に痛打されやすい。それでも並の投手よりは回転数が多く、飛びやすい傾向がある。この日は中5日で珍しくコントロールも甘かった。昨年は最多勝を獲得した大瀬良が被本塁打王だった。好投手が陥りやすいんです」

 今季の14失点中、一発で12失点というのは異常。「キレのいい球」がもろ刃の剣なのか。今季初の中5日での登板が関係したのか――。まさか絶対エースが頭痛の種になろうとは、原監督にとっては想定外だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  6. 6

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  9. 9

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  10. 10

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る