武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

大坂なおみには“雑音封じ役”が必要 適役なのは伊達公子だ

公開日: 更新日:

 テニスは4月からヨーロッパのクレーコートシーズンに移り、5月の全仏オープン、芝の舞台であるウィンブルドンへと向かっていく。進行中のマイアミ・オープンと、西海岸で展開されたBNPパリバ・オープンは、言ってみれば、本格シーズンへのジャンピングボード。錦織圭大坂なおみには得意のハードコートだったが、残念ながら両大会とも早々に敗退し、出遅れ感は否めない。

 ベテランの域に入った錦織はジタバタしても始まらない。気になるのは21歳の若き女王、大坂なおみだ。前コーチのサーシャ・バインと決別後、ジャーメイン・ジェンキンスをヘッドコーチに迎えてなお新たな問題が次々と発生している。

■サーシャの出現

 まず、13歳から2年間コーチを務めたという男が未払い報酬の請求訴訟を起こした。生涯収入の20%を受け取る契約があったとの訴え。昨年の獲得賞金は639万4289ドル(約7億556万円)だから、それだけで約1億4100万円。コーチは、父親フランソワ氏のハイチ時代の知り合いだという。眉唾な訴えにしろ、経済的に厳しい環境から這い上がってきた選手に、この手の問題は大小あるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る