楽天助っ人ブラッシュ大当たり 大谷翔平のレクチャー効果

公開日: 更新日:

 楽天の新助っ人が地元ファンの期待に応えた。

 8日、楽天は四回表終了時点でソフトバンクに0―7と大敗ムード。そんな雰囲気をバットで振り払ったのが今季新加入のブラッシュ(29=前エンゼルス)だ。

 四回裏に2ランで反撃ののろしを上げると、八回にも2ラン。九回には辰己のサヨナラヒットにつなげるタイムリーを放つなど、5打数3安打5打点と躍動した。

 昨季はエンゼルスで大谷翔平と同僚。話す機会も多く、大谷から日本人投手の配球や、日米の野球の違いなどをレクチャーされたという。

 くしくも、大谷の出身は楽天がフランチャイズとする東北の岩手県。ブラッシュを通じて、大谷が地元に恩返しをしたのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  5. 5

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  8. 8

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

もっと見る