四回に主力3人交代で批判 ヤクルトが試合を“捨てた”裏事情

公開日: 更新日:

 首位を走るヤクルトが物議を醸した。

 5―13のボロ負けを喫した18日の阪神戦。四回の攻撃を終えると、バレンティン、青木宣親、山田哲人の主力選手3人をベンチに下げた。これに「プロは興行。ファンをバカにしている」と批判の声が出たのである。

 そもそも、主力3人をベンチに下げたのは、投手が序盤に打ち込まれ、四回までに2―10の大差をつけられたから。結果的に「捨て試合」になったわけだが、その裏側には、チームが直面する深刻な「高齢化問題」がある。

 青木は37歳、バレンティンと雄平は34歳。開幕3戦目に死球を受けて左手親指を骨折した34歳の坂口も、故障さえなければレギュラーだ。大引も34歳、二軍調整中の畠山は36歳とベテランがゴロゴロいる。

 これまでも小川監督はベテランたちの体力面を考慮。昨季、142試合に出場したバレンティンは、毎年のように故障に苦しんできた。そのため、大量リードの場面で早めに代走を送ったり、移動ゲームの試合前打撃練習を免除したりしていた。青木は昨季、背中の張りで欠場したこともあり、今月6日の試合では「休養日」としてスタメンを外れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  4. 4

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  8. 8

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    宇賀なつみも華麗に転身 フジからテレ朝へ女子アナ下克上

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る