42回優勝でも尊敬されず…横綱・白鵬“身勝手所作”の数々

公開日: 更新日:

 休場を機に、相撲教習所で横綱としての所作を一から学び直したらどうか。

 右上腕の筋断裂で、5月場所を休場することが決まった横綱白鵬(34)。3月場所千秋楽を最後に相撲を取っておらず、7月場所での復帰を目指すという。

■双葉山の猿真似

 もっとも、白鵬に対する風当たりは厳しい。先場所千秋楽の優勝インタビューで勝手に三本締めの音頭を取るなど、「勝てば何をしてもいい」と言わんばかりの態度は相撲協会はもちろん、多くの相撲ファンも眉をひそめている。

 現在は封印しているが、かち上げと称したエルボーで相手力士をKOしたことも。中でも左張り手から右エルボーのワンツーは、得意のコンビネーションだ。相手をひるませて自分有利の体勢をつくる張り差しも、臆面なく多用。2016年には取組後のダメ押しで、当時審判部副部長だった井筒親方(元関脇逆鉾)の左足の骨を折ったこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る