DeNA借金10最下位なのに…観客動員増加率セ首位のカラクリ

公開日: 更新日:

 二律背反現象ではないか。

 8日にセ・パ両リーグが各球団の入場者数を発表(2日の試合終了時点)。セ・リーグで1試合平均観客数の増加率が最も大きかったのは、目下5連敗中で借金10の最下位にあえぐDeNAの+12.3%だった。急増した主な要因は球場の右翼上部に今年から新設された「ウィング席」で、3500人分を増席したことが大きいといわれている。

 もともと、横浜スタジアムの収容人数は12球団最少の約2万9000人だった。それでも万年Bクラスの本拠地には閑古鳥が鳴いていたが、2012年の球団買収後、ファンサービスやグッズ販売の強化などで観客動員数は激増。昨季は初めて200万人を突破した。チケットが取れない人気球団となったのちの増席で、あふれたファンを取り込んだ格好だ。

「徹底した地域密着」の戦略も大きい。球団は7年前から「コミュニティボールパーク化構想」と銘打ち、横浜の街を巻き込んだ集客に着手。12球団で最初に球団オリジナルのクラフトビールを造ったり、鎌倉シャツなど地元メーカーとのコラボ商品を開発したり。中華街やみなとみらいなどの観光地と連動させ、“ついで観戦”というか、野球に興味のなかった女性や若い世代をも呼び込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る