相撲協会は歓迎も…トランプ観戦に“わがまま伝統破壊”不安

公開日: 更新日:

■マス席を希望

 一難去ってまた一難だ。

 先場所は横綱白鵬の三本締め問題で揺れた大相撲。5月場所3日目の14日は貴景勝ら3大関全員に土がつくなど波乱もあったが、千秋楽に待ち受けるそれは、誰が勝った負けたの比ではない。

 それが、米国のトランプ大統領の相撲観戦だ。正式に決定したわけではないものの、国技館を訪れることはほぼ確実。協会も親方衆に、「来るかもしれないから、準備だけはしておいてくれ」と通達しているという。

 当然、警備体制は天覧相撲の比ではないはず。親方衆もてんやわんや……と思いきや、案外、そうでもない。

 ある親方が言う。

「我々とすれば、大歓迎。日本の伝統文化に触れてもらえるチャンスですからね。警備? そこは警視庁に任せるしかない。もちろん、我々も注意するが、専門家ではないのでやれることも限られている。それより、心配事が2つあるんです。報道では、『トランプ大統領はマス席での観戦を希望。マス席にイスを置いて、周囲をSPで固める』といわれているが、実はマス席を希望しているのは安倍首相だというんですよ。自分も横のマス席に座って、トランプ夫妻と仲良く観戦ということじゃないですかね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る