相撲協会は歓迎も…トランプ観戦に“わがまま伝統破壊”不安

公開日: 更新日:

■マス席を希望

 一難去ってまた一難だ。

 先場所は横綱白鵬の三本締め問題で揺れた大相撲。5月場所3日目の14日は貴景勝ら3大関全員に土がつくなど波乱もあったが、千秋楽に待ち受けるそれは、誰が勝った負けたの比ではない。

 それが、米国のトランプ大統領の相撲観戦だ。正式に決定したわけではないものの、国技館を訪れることはほぼ確実。協会も親方衆に、「来るかもしれないから、準備だけはしておいてくれ」と通達しているという。

 当然、警備体制は天覧相撲の比ではないはず。親方衆もてんやわんや……と思いきや、案外、そうでもない。

 ある親方が言う。

「我々とすれば、大歓迎。日本の伝統文化に触れてもらえるチャンスですからね。警備? そこは警視庁に任せるしかない。もちろん、我々も注意するが、専門家ではないのでやれることも限られている。それより、心配事が2つあるんです。報道では、『トランプ大統領はマス席での観戦を希望。マス席にイスを置いて、周囲をSPで固める』といわれているが、実はマス席を希望しているのは安倍首相だというんですよ。自分も横のマス席に座って、トランプ夫妻と仲良く観戦ということじゃないですかね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  3. 3

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  8. 8

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  9. 9

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  10. 10

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る