ケプカ連覇へ独走態勢 ルール改正を追い風に2位に7打差

公開日: 更新日:

【全米プロゴルフ選手権】2日目

 7アンダー首位発進のブルックス・ケプカ(29)が、大会連覇に向けてスコアを大きく伸ばした。

 アウト発進の1番パー4は右ドッグレッグホール。ショートカット狙いでドライバーを振り抜き、331ヤード飛ばしてフェアウエーをとらえるとピンまでの残り距離はたった59ヤード。これをピンそば1メートルにつけて幸先よくバーディー発進。

 そして続く2番2.5メートル、4番5メートルのバーディーパットを沈めて通算10アンダーと序盤から突っ走った。

 折り返して10番パー4で今大会初のボギーをたたいたが、その後もバーディーを積み重ねて7バーディー、2ボギーの65で回り通算12アンダーでホールアウト。「この調子をキープして週末を迎えたい」(ケプカ)と、2位に7打差をつける独走態勢に持ち込んで決勝ラウンドに進んだ。

 ちなみに36ホール・128ストロークはメジャー4大会の新記録。ケプカは昨年も264ストロークの大会新記録を樹立しており、更新が期待される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る