たった1日で再休場 大関・貴景勝が払わされる再出場の代償

公開日: 更新日:

 22歳の若造だろうが何だろうが、大関の名を汚してしまったのは事実だ。

 20日、新大関の貴景勝(22)が、今場所中、2度目の休場。診断書では前回同様の「右ヒザ内側側副靱帯の損傷」に、「右ヒザ骨挫傷」も加わった。

 4日目の御嶽海戦で右ヒザを負傷して5日目から休場するも、8日目の19日に強行出場。しかし、碧山の立ち合いの変化についていけず、はたかれて、ぶざまにも土俵に落ちてしまった。

 ある親方は「ムダな再出場だった」と、こう続ける。

「ただでさえ、ヒザのケガは力士にとって致命傷になりかねない。極端な話、一生付き合っていくしかないでしょうね。治療に専念すれば多少はよくなるが、それでは四股が踏めず、足の筋肉も落ちてしまう。ヒザのケガは患部を完全に固定できないだけに厄介なのです。少なくとも、現役中の完治は無理だと思った方がいい。それを、たった3日休んだだけで再出場なんて考えられない。処置が遅れるだけだし、傷口に塩をすり込んだようなものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る