たった1日で再休場 大関・貴景勝が払わされる再出場の代償

公開日: 更新日:

 22歳の若造だろうが何だろうが、大関の名を汚してしまったのは事実だ。

 20日、新大関の貴景勝(22)が、今場所中、2度目の休場。診断書では前回同様の「右ヒザ内側側副靱帯の損傷」に、「右ヒザ骨挫傷」も加わった。

 4日目の御嶽海戦で右ヒザを負傷して5日目から休場するも、8日目の19日に強行出場。しかし、碧山の立ち合いの変化についていけず、はたかれて、ぶざまにも土俵に落ちてしまった。

 ある親方は「ムダな再出場だった」と、こう続ける。

「ただでさえ、ヒザのケガは力士にとって致命傷になりかねない。極端な話、一生付き合っていくしかないでしょうね。治療に専念すれば多少はよくなるが、それでは四股が踏めず、足の筋肉も落ちてしまう。ヒザのケガは患部を完全に固定できないだけに厄介なのです。少なくとも、現役中の完治は無理だと思った方がいい。それを、たった3日休んだだけで再出場なんて考えられない。処置が遅れるだけだし、傷口に塩をすり込んだようなものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る