たった1日で再休場 大関・貴景勝が払わされる再出場の代償

公開日: 更新日:

 千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)の判断のまずさも、やり玉に挙げられている。貴景勝は17日の夜、再出場を決断。千賀ノ浦親方は「急に痛みが消えたと言っていた。あちこちで治療をしたおかげ。無理をしている表情ではなかった」と話していたが……。

「そりゃ痛み止めで痛覚が麻痺していただけでしょ。痛くない=治った、ではない。稀勢の里(現荒磯親方)のケースと同じで、親方の責任は大きいですよ。稀勢の里も2017年3月場所で左上半身に大ケガを負ったけど、無理して出場した。当時は新横綱で優勝がかかっていたから、本人が出たいと思うのは当たり前。それでも田子ノ浦親方(元前頭隆の鶴)が止めるべきだったが、なにせ稀勢の里は先代師匠(元横綱隆の里)の弟子であって、自分の弟子じゃないから強く言えなかった。貴景勝にしたって、もともとは貴乃花の弟子であって、千賀ノ浦さんが育てたわけじゃない。それで止められなかったのでしょう。仮に貴乃花がいたときに同じケガをしていたら、絶対に再出場はさせなかったはず。ヒザの靱帯損傷は、それくらい深刻なケガなのです」(前出の親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る